スタッフインタビュー


ディレクターには、ぶっちゃけなりたくなかった(笑)

大学の時に、縁あって野球中継のアルバイトをさせてもらったんです。

元々高校球児でしたので、スポーツはするのも、見るのも好きだった。
なので、テレビの“裏側”ってどうなってんだろ。みたいな軽い気持ちで働いてみたんです。
実際、ADの仕事は、それはそれは大変な仕事でした。ぶっちゃけディレクターにはなりたくない!って思いましたよ(笑)

その後、何となくそのままホームテレビ映像でADとしてディレクターの手伝いを続ける事になりました。 そしてある日、先輩ディレクターから「そろそろコーナー担当してみるか?」なんて言われて、当時放送していた『生です!カッキン』のミニコーナーを担当する事に。

ADの経験があったので「出来るだろう」なんて思っていたんですが、自分で考えている以上にディレクターの仕事は難しかったし、奥が深かった。

次はもっと上手く撮りたい・・・次はもっと上手く編集したい・・・なんて思っていたら、7年経っていたわけです(笑)                


スポーツ選手の“視聴者が知りえないプロセス”を伝える。

今、私が担当しているのはホームテレビで放送されるスポーツ。
その中でもカープの選手への取材をメインで動いています。

心がけていることは見ている人に「へぇ~!」と思ってもらえる事実を伝える事。
例えば、カープのバッターがシーズン中に急に成績が良くなったりするとします。
そこで、単に『成績が良くなりました。』なんて言っても、誰も「へぇ~!」なんて思ってもらえません。

成績が良くなる前に、フォームはどうだったのか。フォームが変わっていたなら、なぜフォームを変える必要があったのか。 メンタルは?生活環境は?などのプロセスを組み立てて『打てるようになった理由』を伝えていかないといけない。

特にスポーツ選手は努力を表にだしませんから、よけいに僕らが彼らの“想い”を視聴者の方々へ伝えないと。なんて思っています。

そのためには、選手の色々な情報を知っておかないといけませんので、取材をしたり、練習では何をしているかなどの情報収集が欠かせないんです。


自分との闘い。進行中。

僕らの仕事は時間との勝負。
限られた時間の中で、〆切の時間までに映像を編集してVTRにまとめるわけです。
オンエアーされた時には何とも言えない充実感がありますね。 これって体感した人じゃないと伝わらないんじゃないかな。
そして、自信を持って映像を見てもらうには、自分が納得した“画”をつくらないと、その充実感って得られない。

特にこの仕事は、客観的に評価してもらいにくい仕事ですから、『自分との闘い』なんて思ってます。
入社当時は「ディレクターなんかしたくない。」なんて思っていましたけど、気づけばもう7年。
今はスポーツ選手の“視聴者が知りえない事実”を、映像を通して伝えられるように・・・
なんて日々挑戦をしています。そんな感じで、また次の年を迎えちゃうんでしょうね。

僕の“イズム”は『スポーツ選手の視聴者の目線では知る事の出来ないプロセスを、視聴者目線で伝える。』事です。




ディレクター・スポーツ記者 河野佑祈(29歳) ディレクター歴7年

(現在の担当番組)
ホームテレビのスポーツ番組全般(スポーツ部門へ出向中)

インタビュー一覧に戻る

会社概要お問い合せプライバシーポリシーサイトマップ