制作工程

映像制作の工程について。 特に御依頼いただく機会の多いCMについて撮影から納品までの流れを詳しくご紹介いたします。

お問い合せ

まずはお問合せください。 お電話、メールフォームどちらからでも大丈夫です。
CM流したい!番組作りたい!のお気持ちだけでOKです。

企画会議

番組のスタッフで次のロケのキャスティングやどんな企画をするかなどを話し合います。
発想力・創造力の腕の見せ所です。
出た案を元にリサーチや協力していただくお店等の仕込みの作業に移ります。

台本書き

企画の内容が決まったら、台本を書く作業に移ります。 番組をどういう流れにするのか構成を考えながら、誰に何を話してもらうか決めていきます。
台本が書けたら、ロケ当日までにカンペを作ることもあります。

ロケ・撮影

さまざまな準備を重ね、いよいよ迎えたロケ当日。
ディレクターは現場の責任者として、出演者や技術スタッフに指示を出しながら、時には自分でカメラを回しながら、台本に沿って必要なカットを撮っていきます。
台本の順番どおりに撮る撮影ばかりではないので、事前にしっかり流れを確認しておくことが必要です。

編集

撮影してきた大量の素材データの中からどの部分をオンエアで使うのか考えながら編集していきます。
番組に必要なテロップを入れたり、エフェクトを加えたりもします。
限られた時間の中で自分の納得いくものが出来た後は、達成感と疲労感で力尽きたかのように眠りにつきます(笑)

MA(Multi Audio)

映像の音を調整したり、効果音やBGM、ナレーションを付け加えます。
音の効果で、映像をより引き立てることができます。
この作業を経て、番組が完成形となります。

ホームテレビ映像のディレクターは、
それぞれが類まれな個性を持っています。
映像(EIZO)に対して譲れない思い
すなわちismを持った制作集団



それが私たちです。
ディレクターになって面白いものを作りたい
映像を通してもっと多くの人に伝えたい
そんなあなたのismを私たちが引き出します。

会社概要お問い合せプライバシーポリシーサイトマップ